SCROLL

EQ Topics

What is EQ?

C A S E

2016年のパリ・モーターショーにおいて、ダイムラーの中長期戦略「CASE(ケース)」を発表。
CASEは4つのキーワードの頭文字からなるコンセプトであり、
次世代の自動車社会の概念を変える言葉として、いまや自動車業界全体で使用されている。

    Connected

    コネクト

    人とクルマがつながる未来へ。
    クルマをインターネットへ接続することで、クルマと人や、クルマ同士をつなぐ技術。「Mercedes me connect」や「MBUX」などのサービスによって、安全・安心かつ快適なカーライフをサポートする。



    ▼現在の取り組みの一部はこちら

    Autonomous

    自動運転

    自動運転で事故のない未来へ。
    あらゆる状況に対応できる自動運転の実現を目指して、徹底的な実証実験で研究開発を進めている。「リモートパーキングアシスト」など、将来の自動運転につながる革新の技術が、既存のラインナップにも多く搭載されている。



    ▼現在の取り組みの一部はこちら

    Shared & Services

    シェア&サービス

    所有ではない、クルマとの新しい繋がりがある未来へ。
    必要な時に必要なだけクルマを利用するカーシェアリングなど、これまでとは違うクルマとの繋がりがこれからの自動車社会には欠かせない。「シェアカー・プラス」や「Tap! Mercedes!」など、気軽にメルセデスを体験できるサービスを始めている。

    ▼現在の取り組みの一部はこちら

Electric

電動化

電動化による、無駄な排出のない未来へ。
次世代の自動車に欠かせない電動化。電気自動車(EV)や燃料電池車(F-CELL)によるゼロ・エミッションへの取り組みと、プラグインハイブリッド(PHV)によるパフォーマンスと環境性の両立を実現する。

EQ HouseEQ House

EQと、暮らす家

人とクルマ、そして社会とクルマの新しい関係。
電動モビリティを包括するEQが、モビリティとリビングの新しいつながりを提案します。
家とクルマがつながり、変化し、成長する。
人とクルマがともに過ごし、共有する場所。

近未来のライフスタイルの発信、
それは、EQと暮らす家。
それが、EQ Houseです。

図

© Takenaka Corporation

※EQ Houseを設計・施工されたコラボレーションパートナーの竹中工務店様のページに遷移します。

施設概要

informationinformation

盛上りを感じて
光のリズムと香りが変わる寝室

生き物のように
呼吸するガラス面

訪れる人を歓迎する
エントランス

人とイエと車をつなぐ
ガラスインターフェース

人の動きを感じて
雰囲気をつくるリビング

木漏れ日を反射し
風を可視化する水盤

トピック・イベント情報

アーカイブ

2019.6.10
【終了】期間限定で開催!『FUJITSU Presents 未来の眠り』
2019.07.22
【終了】EQ Houseで脳波を活用した「未来の生活」を体感しよう!

EQ Category

  • 01 - EQ POWER
  • 02 - EQ POWER+
  • 03 - EQ POWER
  • 04 - F-CELL
Concept EQA EQC

EQ

パワフルな電気駆動システムによる
100%電気自動車

【Concept EQA】
2017年の東京モーターショーで発表されたConcept EQAは、
前後の車軸に電気モーターを 1 つずつ備え、航続距離400㎞を達成。
2種類の走行モードがあり、走行時のモードによってフロントグリルの
ブラックパネルが変化する未来的なエクステリアデザイン。

【EQC】
2018年9月にストックホルムでワールドプレミアされたEQC。
前後に搭載された2つのモーターは合計で408PS※1、最大トルクは765N・m※1と、
V8ターボのガソリン車並みのパフォーマンスを誇る。
リチウムイオンバッテリーの容量は80kWh※1と大容量となる。
1回の充電で400kmの航続距離も可能となったパワフルな電気自動車。

※2018年現在、日本未発表のモデルです。発売情報につきましては公式リリースをお待ちください。
※1 欧州参考値

Mercedes-Benz LIVE!
EQ
「EQ」ブランドの最新コンセプトカー「Concept EQA」

「EQ」ブランドの
最新コンセプトカー
「Concept EQA」

プラグインハイブリッド

EQ POWER

ジェット機を連想させる途切れのない
加速が魅力のプラグインハイブリッドモデル。

エンジンによる、力強い動力性能に高出力モーターのブースト機能が
プラスされることにより、アクセル操作に対応する素早い
レスポンスと加速性能が楽しめる。
V6ガソリンツインターボエンジンに最初のハイブリッドモジュールを組みわせた
S 560 e longは、V8エンジン並みのパワフルさを持ちつつも、
驚くほどの静かさや乗り心地のよさも進化。
車載充電器が7.2Kwへ拡大し、充電時間も大幅に短縮された。

充電用ウォールユニット無料キャンペーン実施中!

Mercedes W09 EQ Power+

EQ POWER+

F1の技術を受け継ぐ、
ターボエンジン+電気モーター4基の
ハイパフォーマンスハイブリッドモデル

運動エネルギー回生に熱エネルギー回生を加える
技術を導入し、パワーが必要な時には、電気に変換された
運動エネルギーと熱エネルギーでモーターを駆動。
現在の予測値で最高出力1000PS以上、
最高速度は350㎞/h以上※に達する。

※ 欧州参考値

Mercedes-Benz LIVE!
EQ POWER+
正真正銘。公道を走るF1マシンの登場

正真正銘。公道を走るF1マシンの登場

2019年F1世界選手権

2019年F1世界選手権

水素燃料電池車

F-CELL

世界で初めてプラグインハイブリッドを
融合させた水素燃料電池車
F-CELL

燃料電池と、充電可能なリチウムイオンバッテリーの両者が
もつ長所を活かし、高効率なエネルギー回収による優れた長距離走行と、
鋭い加速を可能とする究極のゼロ・エミッション・カー。

※2018年現在、日本未発表のモデルです。
 発売情報につきましては公式リリースをお待ちください。

Mercedes-Benz LIVE!
F-CELL
メルセデス・ベンツが取り組む、パワートレーンの未来へ

メルセデス・ベンツが取り組む、パワートレーンの未来へ

※現在、EQブランドではEQ Power(プラグインハイブリッド)を販売しております。詳しくは(>プラグインハイブリッド搭載車はこちら
EQ、EQ Power +、F-CELLにつきましては公式リリースをお待ちください。

Concept Cars

EQ Ready

EQ Ready Icon

いまお乗りのクルマで「あなたのEQ」を
仮想体験してみませんか?
Mercedes me 会員限定アプリケーション

「EQ Ready」

さあ、EQを手にする準備を始めましょう。
「EQ Ready」をスマートフォンにインストールしておくだけで、あなたのドライビングの嗜好や傾向を自動的に分析。
ふだんの走行距離や道路の高低差、加速のパターンなどのデータを基に、あなたに最適なメルセデスのEQをご提案します。
さらに、EQモデルで走行した際に必要な充電回数や最寄りの充電ステーションも表示。
いまお乗りのクルマで、EQモデルの仮想体験ができるアプリです。

Mercedes me 会員のみなさまに、
EQの最新情報をどこよりも
早くお届けいたします。
未来のモビリティユーザーへの一歩として、
是非ご登録ください。