04/08

SAFETY

メルセデスの揺るぎない
安全哲学を、EQCに。

“事故なき運転”を目指して。自動車を発明したメルセデスは、理想の自動車を創造するために技術革新を続けてきました。その飽くなき挑戦は、メルセデス初の電気自動車であるEQCの開発にも貫かれています。「事故の被害を最小限にとどめる安全性」と「事故を未然に防ぐ安全性」を高次元で統合した“インテリジェントドライブ”。EQCには、その成果である最新のレーダーセーフティパッケージなどが採用されています。最先端テクノロジーを惜しみなく注ぐことで実現した、世界最高峰の安全性能。かつてないレベルの安心で快適なドライビングをご体感いただけます。

※画像と動画は一部日本仕様とは異なります。
SAFETY

レーダーセーフティパッケージ

RADAR SAFETY
PACKAGE

EQCはSクラスと同等の性能を誇る、メルセデス最新のレーダーセーフティパッケージを採用。高速走行から渋滞時まで、前走車との最適な距離をキープしドライバーの疲労を軽減する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)*1」、車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジアシスト*2」など。注がれたのは、自動運転に大きく近づいたインテリジェントドライブの成果です。

*1: アクティブディスタンス・ディストロニック(自動再発進機能付)作動速度範囲:0~約180km/h 設定可能速度範囲:約20~180km/h
*2: 作動速度範囲:約80km/h~180km/h (一般道での利用不可)
SAFETY

パッシブセーフティ

PASSIVE SAFETY

EQCは事故の被害を最小限にとどめる安全性(パッシブセーフティ)にも最先端のテクノロジーを投入。車両構造のセーフティレベルの向上を徹底的に追求しています。例えばリチウムイオンバッテリーをフロア下に配置することで低重心化を図り、クルマの横転のリスクを低減。また、フェンダーとドアの間に“クラッシュギャップ”を設けることで、事故の際にもドアを開けやすくし、乗員の救助をサポートします。さらに、高電圧バッテリーなどの特殊部品も厳格な基準を適用。事故によるショートが発生する危険性を防ぐなど、EQC独自のコンセプトにより、電気自動車に求められる高度な安全性を実現しています。

SAFETY
SAFETY
  • パッシブセーフティ 01/03

    フレームで囲まれた高電圧バッテリー

    高電圧バッテリーを堅牢なフレームで囲い、その前部にはバッテリーガードも設定。また、フレームとバッテリーの間には激しい側面衝突の際に加わる力を吸収する変形部材を配置して安全性を保ちます。

  • パッシブセーフティ 02/03

    内燃機関搭載車と同等レベルの衝突安全性

    エアバッグが作動するような重大な事故の際、高電圧システムを自動停止する機能を装備。加えて高電圧システムを手動で切断できるスイッチも、エンジンルーム及び運転席側のヒューズボックス内に設置。また、急速充電中に衝突があった場合も自動的に充電が停止されるようにセンサーを内蔵するなど、万一の際に安全性が確保できるよう万全の設計が図られています。

  • パッシブセーフティ 03/03

    常に安全な状態を保つ高電圧バッテリー

    正常な動作を常に確保できるよう、温度・電圧・絶縁の監視を行い、異常を検知するとバッテリーの電流を遮断するように設計されています。

SAFETY